• トップ

化学工業の技術の高さ

工業における化学の役割

工業に使用する化学技術

化学は工業にとって様々な場面において様々に使われる技術です。例えば、工場で制作された機械などの製品は、出荷する前に有機溶剤で表面の脂分などをメタノール等で除去しますが、脱脂溶剤は化学技術により作られた薬品です。またプラスチックやペンキ、被覆などの石油合成品などを加工している場合には、使用しないと製品をつくることができません。その他、工場などの製造ラインだけでなく、その工場から排出される廃水処理をおこなう場合においても、凝集剤などに役立てられています。工業においてはなくてはならない役割を担っているわけです。

日本の屋台骨の自動車産業

日本の工業において、自動車産業の水準の高さは世界的に知られていることですが、それとともに日本の経済成長を支えてきたジャンルがあることは、経済産業省なども認めていることです。それが化学、つまりケミカル関係の工業です。日本は資源に乏しいため、原料は輸入しなければならないのですが、それだけにそれを有効に活用するための技術がすばらしいのです。プラントなどの建設も進み、繊維産業や樹脂産業などが、質の高いものを製造し続けていることで、産業全体を陰で支え、私たちの豊かな暮らしをも支えてくれるのだといえるでしょう。

↑PAGE TOP

Menu