• トップ /
  • 無機の出る工業について

現代日本での工業化学

無機の出る工業について

工業では無機がでます

工業では化学成分にある成分がいくつか検出される事があります。もともと存在している有機成分などもありますが、有機は生物が自ら作り出している成分の事を指します。逆に無機とは有機とは反対で、生物などの生命と関連性のない物質のことをいいます。工業では、様々なものを取り扱う場所のためこれらの成分が検出される事は珍しくありません。比較的危険要素のある有害な物質と扱われているわけではありませんが、無機の方が安全面では安心です。日々の環境を考えると有機は、あまり良い成分とされていないので扱いには注意が必要です。

工学部で学ぶということ

工業化学とは、簡単に言えば学問の分野のうちのひとつです。実験室での成果をあげた状態でスケールをアップさせて、製品を生産することを可能にするための、学問的分野のことを指しています。製品をつくり出すための方法について、研究をする学問だとも言えます。また、大規模に製品を生産する前の段階での、主に物質の性質に着目し、実験室規模でのその物質の研究を行うことが特徴です。工業製品は多く、様々なものがあります。そのいろいろな製品を完成させるためには、実験的な研究が必要不可欠です。これら実験的な研究は、実は私たちの暮らしにも、関わりがあるものです。

↑PAGE TOP

Menu