耐熱電線で工業に

工業における化学の役割

耐熱電線の耐熱性について

耐熱電線とは熱に対して耐久性を持てる素材で被覆してある電線のことを指します。一般的に高温に対する耐久性はありますが、温度変化においての耐久性は被覆素材により異なります。防災用設備などにおいての耐熱電線の使用は、火炎発生時などにおける耐火性はないため、使用には適していません。使用する場所や設備により被覆電線の耐久性に違いがあるため、使用に際しては注意が必要になります。使用に際しては、作業環境における温度の把握が重要になります。

↑PAGE TOP

Menu